皆さんもナイジェリア旅行に行きませんか。

top

画像参照:jbdodane

ナイジェリア、それはアフリカ最大の大国であり、イスラム教とキリスト教が交わる国です。またあまり知られていないですが産油国でもあります。今日はそのナイジェリアの観光地についてご紹介しましょう。

この国で最大の観光地と言えば「オスンオソボ聖森」です。オスンオソボ聖森はナイジェリア南西部にある密林地帯であり、国の部族のひとつであるヨルバ族が信仰する女神オスンを初めとする神々の住まう森です。5箇所の聖域に数多くの祭壇と礼拝所が設けられており、今でも神を称える祭りが行われています。このオスンオソボ聖森はこの国本来の聖地ですから、アフリカ的伝統宗教の色が強く、キリスト教やイスラム教の聖地とは趣が違います。むしろアステカ帝国やインカ帝国の聖地に近いでしょう。その特色ある聖地は、中南米の聖地が好きな人ならきっと気に入ることでしょう。この聖なる森は世界遺産なので、世界中から数多くの旅行客が訪れています。

他にもこの国には「スクルの文化的景観」というものがあります。これは、この国の北東にあるスクルという地の集落で、17世紀から20世紀初頭にかけて栄えた場所です。彼らは他のどの文化とも違う独自の文化を築いており、それが独特の景観を生み出しました。このスクルの文化的景観も世界遺産に登録されています。

また、この国では、このようなアフリカ的景観だけでなく、別の景観を見ることも出来ます。アブジャにある「ナショナルモスク」はイスラムの巨大モスクであり、非常に豪華で雄大です。アラブ圏やペルシア圏のモスクと比べても勝るとも劣りません。他にも国の南部には豪勢なモスクやイスラム的な建物がありますしかし国の北部に行くとヨーロッパ圏のように美しい教会があります。そのようにキリスト教的建物とイスラム教的建物が混在している所もこの国の魅力といえるでしょう。

他にもこの国には「ヤンカリ国立公園」があります。ヤンカリ国立公園は、ナイジェリア最大の国立公園であり、雄大な自然が見ものです。国立公園内にはカバやライオン、水牛やバブーンといった動物があちこちにいます。車に乗ってその中を見物するのですが、これがまた迫力があります。車のすぐそこに動物がいるので、当然と言えば当然なのですが。雄大な自然とアフリカ的景観を併せ持つアフリカ最大の国ナイジェリア、皆さんも一度旅行に行かれてはどうでしょうか。

宿泊ホテル検索

ハワイ ホテル 予約サイト | シンガポール ホテル 予約サイト |グアム ホテル 予約サイト