ナイジェリア旅行で食べられるごはんについて

2

画像参照:Rosalyn Davis

ナイジェリアはアフリカでも大きなところなので、旅行に行く機会が多い場所です。
この地域には複数の民族が存在し、それぞれに独自の文化を持っています。ここはイスラム教とキリスト教の2つに分かれている地域なので、その影響で食文化にも違いがあります。イスラム教の影響が強い地域では肉食に制限を受けますが、キリスト教の強い地域ではそれほど制約はないです。

またナイジェリアでよく食べられるごはんには、お餅のようなものが多くあります。この地域では芋や穀物がよくとれるのですが、それをお餅のようなペースト状にして食べるのが一般的です。そのため日本人が旅行をしても、日本と同じような感覚でごはんを食べる事ができます。それ以外の特徴としては香辛料を重視する傾向があり、辛い味のする料理が多いです。この地域はかなり暑い場所ですから、その影響で辛い料理が多く存在します。そのような強い辛味のソースと、現地でとれた穀物を使ったお餅を合わせて食べることが多いです。

ナイジェリアの料理は全体的に食べやすいものが多く、簡単に食べることができます。スパイスの味もよく効いているので、ついつい食べてしまうような料理が数多く存在します。
ただパンのようなタイプの料理はあまり多くないので、パンが好きな人には少しがっかりかもしれません。しかしそれ以外の料理は多くの種類があるので、グルメな方でも楽しめるようになっています。